毎月分配金生活(海外投資編)

海外投資(海外ETF、外国債券、外国株、海外リート、国内ETF、海外投資ファンドなど)による毎月分配金生活の公開ブログです。

NISA口座にてバンガード米国高配当株式ETF(VYM)を買い付け

   

本日、NISA口座にて、バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を、買い付け。

[買付]
・VYM バンガード米国高配当株式ETF $69.00 x 60株

2015年のNISA枠で何を買おうかと言うことで、先日は、米国優先株(PFF)を買ったのですが、

さて、残り枠はどうしようということで、いろいろと考えた末に、

今回はバンガード米国高配当株式ETF(VYM)に決定。

当初は、iSharesシリーズの高配当株ETF(HDV)を考えていたのですが、

BlackRockばかりに偏るのはどうかなということで、今回はバンガードで。

20150507_vym

リーマンショックみたいなことがあれば下落するでしょうが、中長期的には、おおむね右肩上がりで、NISA向きだろうと。

海外ETFとしては、米国優先株(PFF)や米国ハイイールド債(HYG)を買い増してきたのですが、これ以上の配分は増やしたくないということで、純粋な高配当株ETFにしようと。

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)は、なんと行っても、経費率0.10%と低コスト。
おまけに、SBI証券のNISA口座だと、海外ETFの手数料が実質無料ということもあり。

個別株で、多様分散して、小口でのコレクション型のポートフォリオを組もうかと思ったのですが、実質手数料無料と、経費率0.10%ということであれば、さすが勝てないと。

今後も高配当株ETFの投資配分を増やしていく予定です。

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)だけでなく、バンガード米国増配株式ETF(VIG)や、iSharesのHDVなども含めて、高配当株ETFの投資配分を増やしたい気分です。

個別株ポートフォリオも買い増しは続けます。次は、アストラゼネカ(AZN)あたりを狙っています。

 - NISA, 海外ETF

336

336

Comment

  1. デイちゃん より:

    こんにちは。
    積極的に買われてるんですね。
    私もETFがよかったかな・・・と思っています。
    外国株投資って楽しいですよね。(^^)

    ヨーロッパ株なのですが、最近驚愕の事実が判明。(-_-;)
    ドイツ株の配当は現地で26%も源泉徴収されてるんですが、制限税率15%を超える部分は、証券会社に書類を提出しないと還付されないそうです。
    ドイツめ・・・。どうせ還付とかせんやろってボッタクリおって。
    ・・・と思ったら、イタリアやベルギーも。
    ドイツは一回書類出せばいいらしく、ベルギーは証券会社がまとめて請求してくれるらしいんですが、イタリアは毎年書類提出が必要らしいです。
    しかも還付には時間がかかる。
    イタリア株は売りかな・・・。テルナ。

    フランスやフィンランドは、現地課税は、もともと制限税率分しか徴収されてませんが。
    もちろんアメリカも。

    で、イギリスや香港は、現地課税が0ですよね。
    だから、配当という観点からは有利ですよね。AZNも。

    実はオーストラリアも現地課税が0なんです。知らなかったけど。
    イギリス系だからかな。
    オーストラリアは、ANZとかNABとか、業績がよく、高配当な会社があるのでいいかもしれません。

    • oppie より:

      デイちゃんさん、こんにちは。

      ヨーロッパ株はそんな感じなのですね。イギリスが0なので、0なんじゃないかぐらいに思っていましたが、イギリスが特別でしたか。

      イギリス株は高配当銘柄も多く、増やしていきたいです。
      まずは、AZNをゲットしたいです。

      オーストラリアは、BHPを保有しているんですが、ANZとかNABはマネックスやSBIでは取扱い銘柄じゃない見たいで、WBKウエストパックバンキングを狙っています。

      香港も、現地課税が0なんですよね。香港系の銘柄はまだまだ調査できていないのですが、ChinaMobileとかなんでしょうか。

      外国株は魅力的で、まだまだ、いろいろと欲しい銘柄が沢山ありますので、日本株はこれ以上の配分は増やさないで、新規の資金では、外国株へ投資していこうと思っています。

      • デイちゃん より:

        イギリス株はいいですね。
        ただポンド建てになっちゃうとややこしいので、米ドル建てのADRのみもっています。

        オーストラリア株は、マネックス、SBIは、ADRしかないですね。
        私もWBKのADR持っています。
        NABやANZって、配当利回りが高いのですが、通常の配当以外にもオプション付き配当があって、トータルの利回りが高いようです。私はオーストラリアドル建ての外国債券が多いので、少しずつオーストラリア株にかえています。

        香港株も、基本的に現地の配当課税は0だと思います。
        香港株だと、HK ELECTRIC INVESTMENTS(香港の電力会社)や、SPRING REIT(日本政策投資銀行が出資してて北京にオフィスタワー保有)が、配当利回りも高く、人気みたいですよ。
        香港ドルは米ドルにペッグしてるので為替の変動もわかりやすいし。ただ香港ドルの為替手数料がちょっと高いのがネック。

        • oppie より:

          デイちゃんさん、こんんちは。

          そうなんです。今はマネックスとSBIなので、どうしてもADR銘柄に限られてしまうんですよね。いずれ、幅広い外国株を扱う証券会社も検討したいところです。

          香港株の銘柄情報、有難うございます。
          マネックスの中国株で、SPRING REITを扱っているような感じですね。
          米国株やADR銘柄が一巡したら中国株を少し入れようとも考えたりしています。本当は、豪州や欧州株をもっと入れたいんですけどね。

          いろいろと貴重な情報を頂き、助かります。

  2. デイちゃん より:

    連投すいません。

    私はもともと外国債券ばかりで分配金生活をもくろんでいたのですが(笑)、最近外債の利回りが下がってきたので、一部高配当の外国株にしています。
    ところが、久しぶりに大和証券の外国債券のサイト見たら、アップルの残存期間28年の社債が3.981%、ベライゾンの残存期間27年の社債が4.522%、っていうのがありました。
    期間が長いけど、利回りだけ考えたら、ちょっとだけ買うならいいかも~と思ったのでした。
    でも今まとまったお金ないしな・・・。
    買付け1万ドル以上なので、どっちも1万ドルぶんずつ買ってみるとかだと、いいかもしれませんね。
    米ドル建ての債券で、利回り4%以上の債券、なかなかないですし。
    エイチ・エス証券で、米ドル建てのブラジルの銀行の債券で利回り4%以上のがありますが・・・あやしい。

    • oppie より:

      デイちゃんさん、今晩は。

      米国企業の個別社債ですか。社債には詳しくないので、何とも言えませんが、選択肢としては有りですよね。配当よりも利回りが一定しているってことなんでしょうかね。

      個別社債ではないですが、投資適格社債ETF(LQD)なんかも検討したりしましたが、僕は配当株に投資しているので、社債だと、企業投資という意味ではダブルのかなということで、投資していない感じです。

      • デイちゃん より:

        社債は国債よりは利回りが高いけど、安全性はちょっと?ですよね。
        なので集中投資はまずいかなって感じですね。
        ただ高配当株も、業績悪化で配当が減るかもしれないし・・・。
        債券なら、業績が悪化しても利金は一定ですし、倒産しなければ100で返ってきますよね。
        と言いながら、昔武富士の米ドル債持ってたんですが、倒産しちゃって単価20で償還されたことがあります。
        まあ、今はちょっとお金がないので、様子見です。

        • oppie より:

          デイちゃんさん、今晩は。

          社債に関するコメントありがとうございます。
          株も債券も、集中させると何があるか分からないので、やはり、
          いろんな種類の資産、株や債券や不動産などに、分散投資が基本安定ですね。

          • デイちゃん より:

            資産が3億くらいになったら、もう全部先進国の国債でいいかな~とか思っていますが。(笑)
            今は、資産の3分の2が外国債券で、3分の1が外国株です。
            債券の利金と株の配当金で、さらに新しく外国株を買うって感じです。
            買いたいものがないときは、PFFになってますね。
            P&GやIBMって、配当利回りは低いけど、成長性や安定性を考えると、入れてみたいです。

  3. oppie より:

    デイちゃんさん、今晩は。

    そうですね。数億とか、資産がたっぷりあれば、きっと考え方も変わってくるんでしょうね。僕の場合は、大きく資産を減らすことは避けながらも、まだまだ値上がり成長狙いの投資なんでしょうねー。今はやはり配当成長株をどんどん買いたいステージです。

    • デイちゃん より:

      こんにちは。
      私は今、外国債券が1億、外国株が5千万で、その他ちょこちょこあってトータル1億6千万くらいです。
      利金配当金は、税引き後で500万くらいですね。
      なのでもういいかな・・・感があります。
      とりあえず、当面は2億が目標です。
      円安になると目標達成できそうですが・・・。

      • oppie より:

        デイちゃんさん、今晩は。

        資産、素晴らしいですね。
        外債と外国株だと、為替が大きく影響しそうですね。

        僕は今、やっとこさ6500万ぐらいで、目標1億です。
        まだまだ到達しそうにないです…。

  4. デイちゃん より:

    私も1億まではなかなかで、アベノミクスで株高円安になって、そのおかげで1億超えました。
    元金が多ければ、配当や利金も多くなりますからね。
    3億くらいあれば、配当や利金だけで1000万くらい入りそう。(^^)
    で、入った配当や利金はなかったものとして、株などに投資する的な。

    • oppie より:

      デイちゃんさん、今晩は。

      僕もアベノミクスで株と為替でどっと資産が増えましたね。
      確かに元金が多くなってくると、さらにインカムゲインと本業の収入を投資に回してで、資産の増加額が大きくなってきました。
      しばらくアベノミクスが続けば、1億まで行けるかも知れませんね。

      • デイちゃん より:

        まあ増えたって言うよりは、民主党政権時、緩和とか何もしなくて、超円高株安になっちゃって、アベノミクスでそこから普通に戻ったって感じでしたね。

        あの民主党政権の時代に、外国株や外国債券、日本株に投資した人は、一時期はすごいマイナスになったと思うのですが、安倍政権になってぐ~んと資産が増えたでしょうね。
        民主党って本当に何もできませんでしたからね。ただ国民の資産を減らしただけ。(笑)

        これからは、アメリカがいいかな?って感じですね。
        景気のよさそうなアメリカ株に素直に投資すれば、ジリジリ資産が増えそうですね。
        下手なファンドよりも、BKR.Bとかでいいかなって感じですが。

        • oppie より:

          デイちゃんさん、今晩は。

          今は、やはりアメリカへの投資が魅力的ですね。
          米ドルが高くなってきたので、ちょっと買いづらくなってきましたか。

          Berkshire Hathawayですか。興味ありますね。
          少しだけでもアンテナ的に投資してみても、面白いかも知れませんね。

          • デイちゃん より:

            バークシャーは、IBMに積極的に投資してたりして、結構勉強になりますね。
            必ずしも利益が出てる安定した会社だけじゃなく、赤字の会社にも投資してるようですし。
            おそらくいろんな情報を収集して分析して投資してるんでしょうね。

            ブラックロックとか、カーライルとかもいいかもしれませんね。
            カーライル、マネックスないんですよね。

            アメリカ株は、2013年くらいから投資してますが、円安と株高でじんわりプラスになっています。
            配当も何気に入ってくるし。
            日本株よりはアメリカ株のほうがいいような気がしますね。

  5. oppie より:

    デイちゃんさん、今晩は。

    バークシャーは、投資の勉強になりそうですね。
    そうなんです。マネックスは、カーライルグループは扱ってないみたいなんです。

    いろいろと調べ出すと、買いたくなってきますね。

  関連記事

no image
9月の海外ETFの配当金記録

9月に頂いた海外ETFの配当金の記録です。 今月も、毎月決算型の2銘柄の配当のみ …

20151214_hyg
米国ハイイールド社債ETF(HYG)を一部売却

米国ハイイールド社債ETF(HYG)を一部売却。 原油安の影響で、少し米国のハイ …

no image
iシェアーズS&Pグローバルクリーンエナジー(ICLN)を少しだけ購入

米ドルの配当金が少し貯まっていましたので、 iシェアーズS&Pグローバ …

20131205_icln
海外ETFのICLN:クリーンエナジーを売却して現金化

海外ETFのICLN:クリーンエナジーも売却して、現金化しました。 ・ICLN: …

no image
海外ETF買い付け:米国総合債券(AGG)

海外ETF、米国総合債券(AGG)も、多少ですが、買いました。 株式銘柄は、ほぼ …

no image
NISA口座で、米国優先株式ETF(PFF)を買い増し

NISA口座にて、米国優先株式ETF(PFF)を、買い増し。 [買付] ・PFF …

no image
iシェアーズ FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産ファンド (IFGL)の利回り

米国以外のリートや不動産関連株に投資する、 iシェアーズ FTSE EPRA/N …

no image
海外ETF買い付け:エマージング市場債券(EMB)

先日の米国総合債券(AGG)に続き、新興国債券も、多少ですが、買いました。 &# …

20140111_pff
海外ETF投資再開、特定口座で、米国優先株(PFF)と米国ハイイールド社債(HYG)を購入。

さて、新しく海外投資ポートフォリオ再構築ということで、まずは海外ETF。 マネッ …

20161219_hyetf
米国ハイイールド債:海外ETFのHYGを売って、国内ETFの1361に乗り換え

海外ETFのHYG:iBoxxドル建てハイイールド社債を売って、国内ETFの13 …